よくある質問

医療事務講座の疑問質問に答えます!

医療事務の講座に対する質問にわかりやすくお答えします。

Q:受講料金の割引はありますか?

A:各学校でさまざまな割引制度を設定しています。

例)子育てママ応援やペア割引、セット割引など

Q:受講料金の支給制度とはどのようなものですか?

A:現在働いている人の支援を目的とした教育訓練給付金があります。これは厚生労働省が設定している学習支援制度で、厚生労働省指定の教育講座を受講し修了した場合に、ハローワークを通じて給付されるもので受講料金の20%が還付されます。

Q:初心者でもついていけるか不安です。

A:講義は専門的な知識の高いプロが行います。受講生のほとんどは初心者なので、初心者にもわかりやすい言葉や内容で基礎から順に進めていきますので、心配いりません。テキストもわかりやすい内容となっています。もし理解できないところがあれば質問も随時受けていますし、再受講もできるなどサポートも充実しています。

Q:医科と歯科のどちらを受講すべき?

A:医科と歯科では内容が異なります。医科は歯科以外のすべての診療科について学び、歯科は歯科について専門的に学びます。一般的に、幅広く知識を学べて就職の枠も広がる医科の方が受講者は多いようですが、学習の難易度や就職の機会などにそれほど違いがあるわけではありません。強いて言うなら、特に歯科医院で働きたいと考えている人や、さらに歯科のスキルアップを目指している人には歯科をお勧めします。

Q:資格を取るにはどんなものがおすすめですか?

A:医療事務の資格はたくさんあります。個々の学校で取得できる資格は異なりますが、医療事務の大切な仕事の一つである診療報酬に関する資格はおすすめです。特に、診療報酬明細書(レセプト)の点検がしっかり行えるスキルは重要とされています。現在ほとんどの医療機関はレセプトの請求を電子化していますが、手書きでも作成できるだけのスキルが備わっているかを確認できるような試験を受けることが望ましいと考えられます。

Q:診療報酬請求事務能力認定試験とはどんな試験ですか?

A:民間資格がほとんどの医療事務資格の中で唯一公的な資格とされているものです。就職にも有利とされていますが、難易度も高いのでしっかり学習することが必要です。

Q:講座料金の他にも費用が必要ですか?

A:初めてその学校の講座を受講する場合には入学金が必要になることがほとんどです。また、資格試験を受ける際には別途受験料が必要です。それ以外に希望に応じて副教材や受験対策などには別途費用がかかります。

Q:標準期間内に終わらないときはどうすればいいですか?

医療事務講座の疑問質問A:標準期間はあくまでもコースを問題なく修了した場合の期間であり、事情により終わることのできない人にはサポート制度があります。各学校によって無料延長制度や有効期間が別に定められていることがありますので確認してみてください。