HOME >> 医療事務資格講座~通信編~

医療事務資格講座~通信編~

このカテゴリーでは、通信で医療事務の資格を取得できるスクールを紹介しています。

厳選した医療事務でおすすめの学校6選!

生涯学習のユーキャン ニチイ まなびネット たのまな(ヒューマンアカデミー)
女性支持率NO.1のユーキャンならできる!
納得できるテキスト内容でレセプト請求業務の基本的な学習を中心に点数の算定法など医療事務の基礎をしっかり学習します。修了試験や認定試験は自宅で受験可能です。
>>生涯学習のユーキャン<<
1000名の情熱講師陣があなたをサポート!
専任の学習アドバイザーが添削や学習のアドバイスを担当。それぞれの弱点を抑えた学習で確実な知識の習得と試験対策を行います。じっくり取り組める6ヶ月のコース。
>>ニチイ まなびネット<<
合格保証付きだから自信につながる
試験対策を念頭に置いた充実した内容の講座。さまざまな医療事務の理想に合わせた豊富なコース展開で迷うこと必至。就職までトータルサポートで就職活動も安心。
>>たのまな(ヒューマンアカデミー)<<
キャリアカレッジジャパン 日本医療事務協会 ソラスト
割引制度も充実。始めるを応援してくれる学校
教材のわかりやすさと価格の安さで人気のスクール。通信コース受講終了後は医療事務資格(JADP)の在宅受験が可能。セット割引もあり手軽にできる通信講座決定版。
>>キャリアカレッジジャパン<<
通信でありながら手厚いサポートが人気
通信ながら通学と同じようなカリキュラムと担任制による手厚いサポートで受講生の大半が修了しているのが魅力。資格試験も自宅受験が可能で質問はメールやFAXなど柔軟対応。
>>日本医療事務協会<<
学びから就職まで医療事務職のパイオニア
通学と通信講座のいいとこどりを実現した新しい学習様式を備えたソラストの通信講座。実践的なスキルのみスクーリングで学ぶミックススタイルで自分らしく学習できます。
>>ソラスト<<

通信講座でできることを知ろう

医療事務講座には通信教育による方法もありますが、それにはどんなメリットがありどんな資格が取れるのかが気になるものです。

そこで医療事務講座の通信教育についていろいろな情報を紹介していきます。

通信教育というと通学とは違って自分との闘いや挫折しやすいといったイメージがあります。

確かに通信教育となると、自宅で教材を広げ自分で時間を見つけて勉強する必要があります。学校のように励ます人もいないので心が折れることも…。

と、思いがちですが意外や意外。実は通信教育もしっかり学習できるような工夫がされています。

それは例えば専任や担任によるサポートがアドバイスシステム、随時質問可能、スクーリング、自宅受験などなど。そして比較的短期間で受験できる知識を学べるカリキュラムなど。

子供がいて通学は無理、働きながら資格を取りたいといったそれぞれの事情に合わせてマイペースで受講できるのが通信のいいところですね。

【取得できる資格】

医療事務の通信教育で取得できる資格にはどんなものがあるのか紹介します。

現状の資格を調べてみると

  • 医療事務(医療事務知識・レセプト作成知識・技能)の資格…11種類
  • 医療秘書の資格…7種類
  • 医師事務作業補助者の資格…5種類
  • 診療情報管理の資格…4種類
  • 調剤事務の資格…9種類
  • 医事コンピュータ資格…8種類
  • 介護事務の資格…8種類

と、非常にたくさんの種類があることがわかります。ただし、これらは民間資格であり、そのすべてが必要というわけではありません。

最も有効な資格としては、次のようなものがあります。

  • 診療報酬請求事務能力認定試験
  • 医療事務技能審査試験
  • 医療事務管理士技能認定試験
  • 医科2級医療事務実務能力認定試験

主としては以上で、学校ごとに独自のカリキュラムで取れる資格を設定しているところもあるようです。

これらの資格は、医療事務の仕事をする際にそのスキルの高さを証明するものとして活用されています。それぞれ、きちんとしたポイント学習を積み重ねることで合格することが可能です。

通信教育ではポイントを抑えた学習を進めていきますので、合格への最短ルートと考えるといいでしょう。

通信のメリットとは?

  • いつでもどこでもマイペースで学習できる
  • 費用が通学より安い
  • スクールに通う時間や手段がなくてもOK
  • ポイントを抑えた学習ができる