HOME >> 歯科医療事務【歯科助手等 就職情報】

歯科医療事務【歯科助手等 就職情報】

ここでは、歯科の医療事務とはどんな内容なのか、就職先の情報、医科とは異なる必要な知識等、さまざまな情報をまとめています。

歯科の医療事務とは

歯科の医療事務とは歯科の医療事務や歯科助手を目指している人にとって、どんな仕事内容でどのようなことを習得しておけばいいのかを把握しておくことは大切なことです。

歯科の医療事務の仕事は、医科と共通ではありません。なぜなら歯科の診療は歯科に特化した保険制度やシステムがあり、専門的な知識が必要だからといえます。そのため歯科医院などの歯科関連の医療機関への勤務を希望する場合、歯科の専門的な知識やスキルが求められます。したがって、歯科の医療事務講座では歯科専門のコースを用意されています。

また歯科の医療事務で大きく医科と異なるのは、医療事務の業務範囲が事務や患者対応だけでなく診療のアシスタントという業務が含まれることにあります。具体的に歯直接患者の治療行為をすることはできませんが、歯科医師や歯科衛生士のアシスタントや準備、片付け、消毒などの歯科助手としての仕事です。そこで口腔内に関する基本的な知識や診療の流れをはじめとして、診療に使われる器具機材の取り扱いなどについても把握しておくことが求められます。

このように歯科の医療事務は、医科に比べてより専門的な知識とスキルが要求される仕事といえるのです。

歯科の医療事務について知っておくべきこと

このカテゴリでは、歯科の医療事務に関するさまざまな情報を紹介します。

仕事の内容

歯科の医療事務の業務内容にはどんなことがあるのかを解説します。また勤務する歯科の職場の雰囲気や環境などについても紹介しましょう。

「仕事の内容」についてもっと詳しく

おもな就職先

歯科の医療事務資格を取得したらどんなところに就職できるのかを紹介します。一般的な歯科診療所をはじめとしてそれ以外にもいろいろある歯科の医療事務資格保持者の就職先について具体的に紹介します。

「おもな就職先」についてもっと詳しく

歯科に必要な知識・技術・資格

歯科の医療事務には、医科とは異なる知識や技術が要求されます。その知識や技術にはどんなことが要求されるのか、またどのような資格があれば有効なのかについてを解説します。

「歯科に必要な知識・技術・資格」についてもっと詳しく

おすすめの講座をチェック!

全国のいろいろなスクールで歯科の医療事務資格講座が開講されていますが、その中から特におすすめしたい歯科の医療事務講座を厳選しました。それぞれの特徴や学習期間・費用を紹介しています。

「おすすめの講座をチェック!」についてもっと詳しく