HOME >> 医療事務とは?知っておきたい基礎知識

医療事務とは?知っておきたい基礎知識

医療事務という仕事はどんな仕事なのか、そしてどんなことを要求されるのか、その給与はどれくらいか、といった医療事務に関する基礎知識を網羅しました。

医療事務とは

そもそも医療事務という仕事は、医療機関の顔であり裏方です。これは何を意味するのかを少し説明しましょう。

“医療機関の顔”である医療事務

これは受付や病棟などで患者さんに直接応対する仕事を指しています。

例えば受付を訪れた患者さんの対応や保険証の確認、診療への案内、体温を図るなどの初期対応、さらに費用の説明や会計業務などがありますね。

これらは医療事務職と患者さんが直接やり取りを行うことになりますので、その対応によって医療機関そのものの印象が変わります。

つまり医療機関の顔ともいうべき職務をになっているのです。

医療機関の裏方として

医療事務とはこれは主にレセプト業務を指しています。

レセプト業務とは医療保険に基づいた患者の診療に対する報酬の請求業務です。この報酬が医療機関の収入源となっていてスタッフの給与や運営費用となります。いわば医療機関の台所を預かっているといってもいいでしょう。

レセプト業務には専門性の高い知識が必要であり、さらに近年の電子カルテ化によって医事コンピュータの操作のスキルも要求されます。医療事務の仕事の重要なもののひとつといわれているのです。

もちろん、それ以外にもクラーク業務など幅広い仕事があり、それらの業務を医療事務職が行うことによって、円滑な運営が成り立っているといっても過言ではないでしょう。

このように医療事務の仕事はとてもやりがいのある仕事です。また働き方を選べる職種でもあり、女性にも人気の仕事のひとつといえます。

このカテゴリでは次のようなことに着目して医療事務の仕事を具体的に説明していきます。

医療事務の魅力とは

医療事務の受講が人気の理由やその魅力について具体的に説明しています。

「医療事務の魅力とは」についてもっと詳しく

資格は必ず必要なの?

医療事務を学ぶ目標のひとつといえる資格。持っておきたい資格や資格があることでどんなメリットが生まれるのかについて解説します。

「資格は必ず必要なの?」についてもっと詳しく

どのくらい給料をもらえるか

仕事をするうえで最も気になる給料。医療事務の仕事ではどれくらい給料をもらえるのか、さまざまなケースに分けて具体的に紹介します。

「どのくらいの給料をもらえるか」についてもっと詳しく

どうして医科と歯科に分かれているの?

医療事務の講座は医科と歯科に分かれています。その理由はなぜか、就職にも言及しながら解説します。

「どうして医科と歯科に分かれているの?」についてもっと詳しく