HOME >> 医療事務とは?知っておきたい基礎知識 >> どうして医科と歯科に分かれているの?

どうして医科と歯科に分かれているの?

医療事務というと、どんな科目も同じかと思われがちですが、歯科の医療事務はほかに比べて特殊な面があります。ここでは医科と歯科の違いを解説します。

医科と歯科の違い

医科と歯科の違い医療事務の講座が医科と歯科に分かれているのはなぜなのか、その理由について解説しましょう。

医療事務の講座は、医科と歯科に分かれているのが一般的です。資格試験についても同様に、医科と歯科で分けられている科目があります。そこで医科と歯科の違いとは何かという疑問が出てきます。

大まかに言うと

  • 医科=歯科以外のすべての診療科目
  • 歯科=歯科に特化した科目

といえます。すなわち、医科で学ぶ内容は非常に幅広い内容の知識が求められ、歯科では歯科専門の知識が求められるわけです。

医科を学べば、歯科以外ならどんな診療科でも医療事務の仕事ができるため、就業する医療機関の幅は必然的に広がります。ですから、医療事務講座において、医科の分野を希望する人が格段に多いのも当然かもしれません。

しかし、歯科医院や歯科関連の医療機関で働きたい、あるいは歯科医院で勤務しているが、もっとスキルを高めたいと考えている人は、歯科について基礎からしっかり学ぶほうがいいでしょう。歯科は、特化した分野ですので、集中して学習することができるのが利点といえます。

結論からいえば、

  • 医科=浅く広く
  • 歯科=深く狭く

ということになりますね。

学ぶべき内容が目指す専門によって異なりはするものの、学習の難易度に差があるわけではありませんから、自分で学びたいと思う科目を選ぶとよいでしょう。

医科と歯科の就職の違い

医科と歯科では就職先にも違いがあります。端的に言うと

  • 医科=歯科以外の診療所、クリニック、病院などの医療機関
  • 歯科=歯科医院、歯科クリニックなど歯科関係の医療機関

どちらの医療機関も全国どこにでもありますので、どちらかが就職に不利ということはありません。

あえて違いを挙げるなら、医科は歯科を除くすべての医療機関が対象で、大規模な医院も選択肢にあるということに対し、歯科は専門的な技量を求められ、個人経営や小規模のクリニックが多いということくらいです。

前述のように、医科では非常に幅広い範囲の知識を身に着けることが必要ですし、歯科は専門的な内容に特化した知識を学ぶことになります。

選択する際には、自分の望む方向を考えて、就職の幅の広い医科と学習しやすい歯科のどちらを選ぶかを決めましょう。