医療事務の魅力とは

社会にはさまざまな仕事や資格がある中で、なぜ医療事務の知識やスキルを身に着けたいと考えている人が多いのか、その魅力を具体的に紹介します。

医療事務という仕事

医療事務という仕事医療機関にはいろいろな職種の人が勤務していて、役割分担の中で相互に関わり合いながら、円滑に診療を進めています。その中で、医療事務は最も基本的な機能を幅広く行う仕事です。

この基本的な仕事にはどんなものがあるかを挙げてみると、

  • 受付の応対
  • 外来・入院患者への医療費の説明や支払い方法の相談、補助金申請など
  • レセプトの作成
  • 医療スタッフのスケジュール管理などの秘書業務
  • 医事コンピュータの操作
  • 医療スタッフと患者の橋渡し

などがあります。これらの仕事は医療行為そのものではありませんが、医療を支える必要不可欠な仕事です。

つまり、高齢化が進む現代社会に不可欠な医療の提供と、医療機関そのものの経営を支えている仕事といえるのです。

医療に携わる近道

医療事務を学ぶと、医療事務に関するさまざまな資格を得ることができます。資格試験や検定試験というと、とても難しいような気がしますが、実は医療事務の学習は資格試験の中でも比較的手の届きやすい内容だと言われています。

その理由は大きく分けてふたつあります。

  • 短期間で取得できる
  • 専門分野でも比較的取り掛かりやすい内容である

医療事務の学習をしている人は、年齢も性別、経歴も非常に幅広いことがわかります。

つまり、医療の経験や知識のない人や年齢の高い人でも資格取得は十分可能だということを示しています。

また、医療事務職従事者の採用状況を見てみると、採用する医療機関の考え方に差異が見られます。

例えば、受付という性質上安心感を与えやすい比較的年配の女性への門戸を広げているところや、経験よりも将来性を見越して未経験者を採用するところなどがあるようです。それも、医療事務という職種のひとつの特徴といえるでしょう。

したがって、さまざまな条件の人に採用のチャンスが待っている仕事といえますね。もし、他の医療機関で医療事務の仕事をする機会があった場合でも、医療保険制度は全国共通ですからそれほど戸惑うこともありません。

勤務スタイルが多彩

仕事をする場合、正社員かパートタイムやアルバイトなどの勤務スタイルが一般的です。

医療事務では、勤務スタイルにバリエーションが豊富であることも特徴といえます。正社員やパートなどの勤め方はもちろんですが、レセプト請求のある月末から月初めだけの勤務や午前か午後だけの勤務など多彩。

自分のライフスタイルに合わせた就業方法を選べるのも魅力です。しかも、レセプト請求は毎月エンドレスで行われる仕事なので、仕事が突然なくなるといったことはありません。簡単に言えば、永久保証されるようなものなのです。