資格は必ず必要なの?

医療事務の資格は仕事をするためには必要なのか、という疑問に対してわかりやすく説明しましょう。

資格はどう役立つか

資格は何に役立つか率直にいうと、医療事務の仕事をするにあたって、資格の取得は必然ではありませんが、資格はあるにこしたことはありません。資格があったほうが、さまざまな面で有利に働くことが多いといえるからです。

それではどんなメリットがあるのでしょう。

人材担当者の見解として、就職の決まりやすさのポイントは、

経験者または有資格+経験者>有資格+未経験者>無資格または未経験者

という構図があるそうです。

こうしてみると、

「就職で有利になる」

ということがいえるでしょう。

例えば、書類選考や面接の際に、採用担当者が必ず見るのは履歴書です。資格の欄に医療事務の資格の記載があれば、知識とスキルが備わっているという判断材料になります。資格のない人と比べれば、当然ある人のほうが有利になりますね。

医療事務では、レセプト作成など一般の事務職とは違う特殊な知識とスキルが要求されます。

また、患者対応はとてもナーバスな部分であり、きちんとした対応ができる人材が求められます。つまり、資格があるということはそれだけの学習を積んできたことを示す証として活用できるということを意味しているのです。

資格が有利になるポイントとしては、

  • 求人の応募の際に有利になる
  • 就職してから専門的な内容の会話にスムーズに抵抗なく入っていける
  • 専門知識を要する職を任せられるなどして報酬に直結する可能性がある

という点が挙げられます。

医療事務の資格の持つ意義

実際に採用の状況を見てみると、就職希望者がどんな資格を持っているかの内容については、あまり細かく考慮されないといわれています。

つまり、医療事務の学習を積んで知識やスキルを持っているかということが重視されるという意味です。

そういう観点からすれば、最も重要なのは学んできた講座のカリキュラムの内容が実際の業務に役に立つものであるかということだといえますね。

したがって、難しいとされる資格や試験に合格することを第一目標とする内容のカリキュラムをあえて選ぶまでもない、ともいえるでしょう。基本的な知識と実践で使えるスキルを効率的に学べる講座であれば、資格の種類にそれほどこだわる必要はありません。

無理に難しい資格を取ろうとして失敗したり対策のための費用を使うよりは、実力と目標に合った知識を身に着け、同時に実践力を高める努力をすることに集中するのが得策かもしれません。

実際の給与には、スキルや実績が考慮されることも多い仕事なので、レベルの高い資格を目指す意義はそれほど感じられないかもしれません。