HOME >> 医療事務とは?知っておきたい基礎知識 >> どのくらいの給料をもらえるか

どのくらいの給料をもらえるか

やっぱり気になるのは、医療事務職でどのくらいのお給料をいただけるか、ということ。ここでは細かくみていきます。

医療事務職の一般的な給料相場とは

医療事務職の一般的な給料相場とは医療事務の仕事の給料はどのくらいかをいろいろなケースごとに紹介します。

医療事務の給料の相場をみると

  • 月収:10~20万円前後
  • 年収:300~400万円前後

とされています。

さらに具体的に見てみると

【正社員】

■学歴別

  • 高校卒:初任給・・・157313円 35歳/261348円 50歳/342487円 
  • 大学卒:初任給・・・182560円 35歳/269682円 50歳/355570円

■勤続年数別

  • 3年/2962256円 10年/3636107円 25~30年/5035891円

■地域別(総支給額)

  • 北海道・東北/3592604円 関東甲信越/3901826円 東海・近畿/3798152円 中国・四国/3247866円 九州/3284428円

となっています。

またパートタイムや派遣社員では、実務経験を積めばキャリアアップにつながり報酬が上がることものぞめます。有資格者になると、採用時点の報酬単価が上がることもあるようです。

報酬単価で見ると

無資格者<有資格者<実務経験者

といった構図があり、時給換算すると500円以上の差があることも。また年収で見ると、未経験者と有資格者では50万円程度、実務経験者では100万円近い差がみられます。

医療事務の給与を考察

医療事務の給与は一般的な事務職とあまり違いがないように見受けられます。

給与の違いが出る要因としては

  • 地域差…都心と地方などのような地域差がある
  • 勤務先の規模…診療所と総合病院など医療機関の規模によって差がある
  • 学歴…高校卒、大学卒、専門卒など最終学歴によって差がある
  • 年齢…年齢による差は勤続年数とも関連することが多い
  • 勤続年数…勤続年数が長いほど高くなる
  • 資格の有無…医療事務資格の有無によって差がある
  • スキル…実務経験があれば評価され高くなる

それ以外にも、給料に影響する要因としては残業や早出などがあります。

医療事務の仕事は勤務形態を選べることも多く、子供のいる女性やサイドワークによる副収入を得たい人などにも選ばれています。高い給料を期待できるわけではありませんが、長期的に安定して働ける仕事ともいえるでしょう。

もちろん、スキルが高ければそれを考慮した給料になる人もいますし、長く勤務することでスキルが上がり年次昇給も加わって年収500万円以上の人もいるようです。

実務経験で成功したケース

地元の診療所に長年勤めていたAさんは、ここ5年ほど昇給がありませんでした。どうやら、給与の上限が定められていて、長年勤務しているうちに上限に達してしまったようです。そうなるとこれ以上の昇給は見込めません。そこで、思い切って隣の市の病院の医療事務職に応募したところ、」これまでの実務経験が認められ採用されました。給与は経験を考慮され年収は格段に上がり毎年4月の昇給が約束されました。

安定した業種であることからも長く勤められる仕事ですので、スキルを磨くことや職場環境の条件が揃えば長期的に続けられる仕事といえるでしょう。