おもな就職先

医科の医療事務の就職先

医科の医療事務医科の医療事務資格を取得するとどんなところに就職できるのか、調べて紹介します。

医科の医療事務職を募集している就職先は大変幅広いといえます。診療を行う医療機関はもちろんのことですが、医科に関する幅広い知識を有している医療事務資格保持者は、求められる場も幅広くなります。

病院や診療所などの医療機関

患者の病気の診察や治療を行ったり、人間ドックなどの予防的な措置を行う医療機関では、医療事務職は不可欠な仕事です。医療機関で求められるスキルは、受付や患者対応、会計、カルテ管理、医事コンピュータ操作、診療報酬明細書の作成や請求などのほか、秘書業務などもあります。各医療機関によって求められるスキルは少しずつ異なりますが、人間性と幅広い知識、向上心などが求められる職場といえるでしょう。

審査支払機関

医療事務は患者対応だけでなく、請求される診療報酬明細書(レセプト)のチェックを行う機関でもその知識を必要とされます。漏れや誤りはないか、不正はないかといった細かなチェックをするためには、保険点数の高い知識が必要とされ、専門的に学んだ医療事務の存在は大きいといえます。ただし、求人数が少ないのが難点です。

地方自治体

地方自治体には、医療介護課や保健福祉センターなど医療に関わる施設があります。このような施設では、医療保障制度や診療報酬に対する専門的な知識を持った医療事務職が求められています。求人数は少ないですが、もし採用になれば公務員として医療事務の仕事を行うことも可能になります。

医事コンピューターメーカー

医療事務では、医事コンピュータや電子カルテに関する専門的な知識を学びます。近年の医療のIT化によって、このようなコンピュータなどの導入は積極的に進んでおり、メーカーでは導入先の開拓や新規ソフトの開発などが進められています。医事コンピュータや電子カルテなどの医療事務資格保持者の知識は、販路拡大や営業先などでの商品説明などにも活用できます。そこで、メーカーでは医療事務資格保持者やコンピュータの実務経験者など高い知識を持つ人材を求めています。