HOME >> 医療事務講座の選び方 >> 通学中のフォローはあるか

通学中のフォローはあるか

実際に、医療事務講座で専門的な学習を始めてからぶつかる壁を超えるために、どんなフォローを受けられるのかを調べて紹介します。

簡単ではない専門分野

医療の知識やスキルはある意味特殊です。専門的な知識だけでなく、用語そのものが専門的であるため、覚えることも山ほどあり、初心者にはわかりづらいというのが本音でしょう。

ですから、いざ学習を始めたけれどもわからないことが多い、という人も少なくないはずです。

こういった専門分野の学習を始めて最終的に資格取得に至るまでに、残念ながら挫折してしまう人もいるかもしれません。講義に出席して出席日数を稼ぐだけでは資格取得は至難の業といえます。

そこで重要なのが、指導する人たちからのサポートです。なかにはサポートがあったから合格できたという人もいるほど、大きなポイントとなります。

医療事務講座で講義をしている人や専任スタッフは、医療事務や医療に関する幅広い知識を持っている人がほとんどです。このような人たちとコミュニケーションがうまくとれたり、気軽に質問ができるようなシステムが重要だといえます。

わからないことはすぐに解決する、というスタイルを通して学習することで、疑問を残すことなく、知識と実務が連携した即戦力を身に着けることができるのです。

学習に受けられるフォローとは

それぞれの学校や教育機関によって異なるものもありますが、一般的にはこのようなサポート体制があります。

●振替出席

体調を崩した、外せない用事ができた、などの理由で予定の講義を受けられなかった場合に他の日や他のクラス、他の教室や校舎に振り替えて講義を受けられます。

●重複出席

一度講義を受けたけれどもう一度同じ講義を受けたい、という人が自由に受けることができる制度です。

●質問サポート

疑問に思ったことやわからないことに対して、ダイレクトやメール、電話、FAX、郵送などさまざまな手段で質問が可能です。

●延長制度

標準期間内で修了できなくても、有効期間が長めに設定されているためその間なら延長できる制度です。

●スクーリング

通信教育で受講している人が、通学コースの講義を決められた回数まで無料で受講できる制度です。

●合格サポート

万が一資格試験に不合格になった場合、複数回の再受験ができたり対象の講座を無料で再度受講できる制度があります。中には3回不合格になった場合には受講料全額返金というスクールもあるようです。

■費用のサポート

医療事務講座を受ける場合に費用のサポートを受けられる場合がありますので紹介しておきましょう。

  • 教育訓練給付制度
  • 子育てママ支援割引
  • ペア割引
  • 学生割引
  • 紹介割引
  • 受講経験割引