HOME >> 医療事務講座の選び方 >> 実務に合っているか

実務に合っているか

医療事務講座を選ぶときに気を付けておきたいポイントとして、講義内容が実務に沿っているかをチェックするための情報を紹介します。

医療事務という仕事

そもそも、医療事務という仕事はどういった仕事で、何を求められているのかを知らなければ、何を学べばいいのかわかりませんね。

医療事務という仕事は、専門的な知識と情報を的確に処理するスキルが要求される仕事です。

一見すると、受付や問診、診察介助、カルテ入力、そして会計といった、患者さんとのやりとりが主体に見えますが、実はレセプト業務(診療報酬請求業務)という専門性の高い仕事が中心となっているのです。

レセプト業務とは、国や各健康保険組合などの保険者に対し、診療報酬明細書を作って診療費を請求する業務です。患者さんの受診状況や保険証、医師の診断名などに、ひとつでも入力ミスや漏れがあるとエラーが出て、再確認しなければ発行できません。

ですから専門知識が必要で、作業時間もかかるので、しっかりと学ぶ必要があるのです。

そして、業務を行う場は、大きな総合病院からクリニックまでさまざまですが、どんな医療の現場においてもなくてはならない存在といえます。

そのために必要なのが医療事務の知識とスキルなのです。

そこで、医療事務の知識がしっかり備わっているかどうか確認するために資格が存在します。医療事務の資格は、専門的な分野でもあることから簡単に取ることはできません。ですから、学校に通ったり通信教育を受けるなどして学ぶ必要があるのです。

勤務先となる医療機関では、少しでも高いスキルを持った実践力のある人材を必要としています。

そのため、それぞれの学校や教育機関では、質の高い知識と実践力を備えた人材を育成するためのさまざまなカリキュラムを作成して、講義を行っています。

ただ、医療事務を学べる場所はいろいろあり、内容はその教育機関によってさまざまです。そこで、いかに自分が必要としているスキルを学べるか、をしっかりチェックして選ぶことが重要なのです。

もっとも、だからといってやたらと難易度の高い資格を持つ必要はありません。なぜなら、医療現場で必要なのはあくまで実践的な能力であり、それをクリアしていさえすれば、資格の種類そのものをそれほど重要視していないからです。

資格保持のためでなく、実際に医療事務の仕事をしたいと思っているのであれば、無理に難しい資格の取得を目指す必要はなく、実務に役立つカリキュラムを選ぶほうが現実的といえるでしょう。

医療事務は、特に子育て世代や第二キャリアを考えている女性にとっては魅力のある仕事のひとつです。新たな自分と新たな目標を見つけて成功するための良い選択ができるよう、ここでは有意義な情報をお届けします。

カリキュラムの実例を紹介

それでは、実際の医療事務講座のカリキュラムを見てみましょう。

通学コース

(例1)【TAC】医療事務 医科スタンダードコース+OPコース

  1. 受講開始
    • 第1回 オリエンテーション
    • 第2回 医療保険制度、公費負担医療制度
    • 第3回 初診・再診 
    • 第4回 医学管理等、在宅医療
    • 第5回 投薬
    • 第6回 注射
    • 第7回 レセプト作成(1)
    • 第8回 処置、手術・麻酔
    • 第9回 検査、病理診断
    • 第10回 画像診断
    • 第11回 リハビリテーション、精神科専門療法、放射線治療
    • 第12回 入院
    • 第13回 レセプト作成(2)
  2. 認定試験
    • 第14回 認定試験
  3. OPコース講義開始
    • 第15~19回 医事コンピュータ実習
    • 第20回 接遇・マナー
  4. 講義修了、就職希望者登録
  5. お仕事紹介
  6. 就業/就業サポート

TACの医科スタンダードコースでは、短期の認定試験合格を目指して保険診療における診療の概要をしっかりと学べる内容となっており、実務に直結する基本となる知識を網羅しています。

さらにOPコースで、すぐに使える医事コンピュータのスキルと、受付の心構えやマナーを学ぶことができます。試験対策だけでなく、実践を重視した内容なので就職して即戦力となる人材育成を目指した学習がポイントといえます。

通信コース

(例2)【ニチイ まなびネット】医療事務講座 医科コース

  1. 申し込み、教材受け取り
  2. 学習スタート
    • 医療保険制度のしくみ
    • 受付窓口事務
    • 患者接遇
    • 初診料、再診料
    • 処置
    • リハビリテーション等
    • 手術/麻酔/検査/入院料等
    • 投薬/注射/医学管理等
    • 在宅医療
    • 画像診断
    • 医事システム
    • 記載要領
    • 点検要領
    • レセプト点検
  3. 学習レポート2回提出
  4. 修了試験・技能審査試験対策
  5. 資格試験受験
  6. 業相談

ニチイまなびネットの通信コースでは、申し込み後自宅に教材一式が届きます。それを機に、6ヶ月を目安として学習を開始します。

医科コースでは、途中2回の学習レポート提出を含め、添削レポートなどで進めていきます。修了試験に合格後、技能試験対策を行って資格試験の受験へと繋がります。

カリキュラムの内容は、通学できない人でも効率的に試験対策を併用した学習ができるよう、要点を抑えた内容と反復学習となっているのがポイントです。